スポンサーリンク

赤ちゃん 自閉症 チェック 方法

赤ちゃんの自閉症をチェックするためには、いくつかのポイントがあります。

ただ、自閉症を疑うような兆候や行動、あるいは、正式な診断をくだせるようになるまでには、
3歳くらいまでまたなければなりません。

ある程度の年齢に達して、その時期に相応しい発達レベルに達しているかどうか、
そこで自閉傾向があるのか否かが自閉症診断の指標になるからです。

自閉症の最大の特徴は、3つにわけることができます。

一つ目は、コミュニケーションの異常です。
これは赤ちゃんの時期には愛着関係の異常といってもいいでしょう。

例えば、抱っこしても、赤ちゃんの身体に緊張感があり、リラックスする様子もなかったり、
ケースによっては、触れられることを避けたり、抱っこそのものを避けることもあります。

発達ごく初期には、言語や認知とった機能よりも「触れ合い」がより基本的になります。

自閉症では、この触れ合いが苦痛なようです。
ですので、身体の感覚や触覚がうまく機能していない可能性が指摘されています。

また、アイコンタクト、親や子供同士のでの遊びを避け、
一人での単純な遊びに没頭することもチェックポイントになります。

二つ目は、言葉の異常です。
赤ちゃんの時期には、周囲の親や兄弟の真似をしながら発話がはじまります。

はじめは、ブーブーやわーわーといった喃語があり、その次に徐々に単語、
それらを連ねた文といった構造へと言語が発達していきます。

自閉症の場合には、発話が遅く、重度の場合は、ほとんど発話がない場合もあります。
また単語を発していても、状況や文脈を理解せずに、ひたすら同じ単語をくり返したりします。

そして3つ目は、睡眠障害です。
これは、比較的判断し易くわかりやすい兆候です。

個人差はありますが、2~3時間の断続的な睡眠が月齢に関わらず長期的に続く場合は、
自閉症の傾向があるかもしれません。

ただし、この3つ目のポイントが単独で見られる場合は
自閉症とは別の疾患も疑うべきでしょう。

ただ、こうしたチェックポイントがあったからといって、自閉症であると即断してはいけません。

かならず、専門医に相談、診断してもらいましょう。

そして、自閉症であったとしても、自閉症という障がいは親や環境の生育に問題があって、
発症するものではなく、先天性の脳機能の障がいであるといわれています。

そして、原因はまだ解明されていません。

親は不要な責任や罪悪感を感じる必要はなく、子供の能力を見極め、
子供にふさわしい環境を整えていくことで
当人が充実した人生を送れるようにしていきたいものです。

スポンサーリンク