スポンサーリンク

自閉症 遺伝 確率

自閉症が遺伝する確率はあるのか??
これは、研究者のあいだでも多くの関心が集まっているテーマです。

さらに、自閉症を持つ親御さんなど、兄弟にも自閉症を患った子供が
生まれてしまうのか気がかりでしょう。

しかし、遺伝の確率に関しては、諸説あって未だに結論は出ていません。

例えば、研究報告によって、数値は異なりますが、
親類に自閉症の人がいる場合の方が
僅かに自閉症の子が生まれる確率が高くなるようです。

ただし、遺伝といったときに注意しなくてはいけないことがあります。

遺伝というと、無意識のうちに単純に親から子へその特徴が遺伝する
といったように考えてしまいがちです。

もし、「親の性格・目鼻立ちが遺伝した」などというときのように、
親のもつ形質がそのまま子に伝わるという風に考えてしまうと
遺伝という事態をかなり単純化してしまっていることになります。

もし、そのような単純な仕方で自閉症が次々に遺伝していくのだとしたら、
研究など不要でしょう。

自閉症の親は自閉症の子を生み…
それが延々と続いていくことになるからです。

しかし実際は、そうではありません。

自閉症の子の兄弟が必ずしも、自閉症であるという研究成果もありません。

ただし、ここでも自閉症を持たない兄弟に比べると
自閉症をその兄弟が持つ確率は、若干高いそうです。

ただし、その原因が母体を含めた様々な生育環境によるものか否かはわりません。

兄弟同士ならば、にたような生育環境があるはずです。

同じ親の遺伝子が掛け合わされた兄弟間においてさえ
自閉症を持つか否かには違いがでるのです。

単純に親のもつ遺伝子が子に100%の確率で反映されると考えることはできません。

自閉症を招くあるいは、発症しやすくなってしまうような遺伝子があったとしても
受精卵から発生の過程を経て、周産期、乳幼児期と多様な要因が
その発病如何には関わっているはずです。

スポンサーリンク