スポンサーリンク

自閉症 遺伝子

自閉症をもたらす遺伝子があるか否かということが
これまで多くの研究、議論がなされてきましたがいまだ決着はついていません。

そして、理解しておかなければいけないのは、遺伝ということの内容です。

まず、遺伝子レベルでの異変があって、それが脳の機能的障がいに発展する
という意味での自閉症の遺伝子なるものが発見されたとする研究報告があります。

ただし、遺伝子という発生発達の設計図となるものと、
様々な変化があり、成長を経過していく最中で、
多様な環境にさらされて生まれてくる赤ちゃんの脳の様態には、
一義的な対応関係を見いだすことがそもそも難しいのです。

自閉症の遺伝子というものがあって、つまりその遺伝子をもつ人は
必ず自閉症として生まれてくるという確定的な事実を認めることは、
かなりの数の自閉症の人の遺伝子をチェックしないと難しいでしょう。

ある特定の遺伝子やその配列が、自閉症という結果を招き易くしている
かもしれませんが、そこには発生過程での多彩な環境的要因が絡んでいる
ということも考慮にいれなければならないのです。

また、自閉症を悪化させる遺伝子が発見されたとする研究もあります。

こうした研究報告は一般の人の知識では
言われていることを理解することは困難です。

それは遺伝と発生や発達、そして、その過程を経ての障がいという
結果プロセスには、健常であっても謎の多い、
遺伝子と発生・と発達の関係という問題が横たわっているからです。

現時点で確認しておきたいことは
親の遺伝子が原因で子供が自閉症になった
などという確定的な事実を示した研究はないということです。

自閉症の子を持つ親は不要な責任感や罪悪感をもつ必要ないということです。

今後も遺伝研究はますます進化を遂げていくでしょう。

しかし、遺伝子レベルでの研究を理解するためには
医科学的な基礎知識はもちろん、遺伝子についてと発生学の基礎について
理解しておくべきでしょう。

こうした知識がない場合、専門家に質問してみる必要があるでしょう。

スポンサーリンク