スポンサーリンク

自閉症 親 子 遺伝

自閉症は遺伝するかどうかについて調べた研究はこれまでに多くあります。

自閉症は難治性の障がいであり、原因もはっきりとはわかっていません。
また、乳幼児期~幼児期、または、それ以前に発症していると考えられるので
遺伝子レベルでの原因の解明が盛んな障がいといえます。

問題は、「親から子」に伝わる性質のものかということです。

つまり、自閉症は世代を超えて遺伝するのか??という事。
現状では自閉症の子の兄弟姉妹には自閉症の子が優位に多くなる
というデータがあります。

ただ現在、充分な規模での統計データが取られているわけではありません。

この問題は研究段階で諸説ありますが、
親から子に伝わるという意味での遺伝は、考えにくいというのが無難でしょう。

例えば、自閉症は近年増えているというデータがあります。

だとすれば、遺伝という要因を考えるよりは食べ物や環境的な因子が原因と
考えることのほうが有益かもしれません。

さらにいえば、自閉症の遺伝子というものが存在しその結果として、
自閉症という脳の機能障がいが引き起こされると考えることも可能です。
時代とともに、増加という変化があるならば、
ある遺伝子によって自閉症になり易い変化が起きていて、
そこへ環境要因が加わって、自閉症になると考えることも可能です。

遺伝レベルでの問題は多くが謎のままであり、
親のもつ自閉的傾向が遺伝するのだ、と決定づけることは
事態を単純化しすぎている言い方でしょう。

また、ある研究では、重度の女性の自閉症の人には、
固有の遺伝子の配列がある。としています。

諸説あり、情報は錯綜していますが
決定的な研究成果が上がっていないというのが現状です。

ただ、自閉症は男女比でいうと、男の方が圧倒的に多いのです。

こうしたことからも、自閉症の原因に男性のもつ性染色体の脆弱性を
関連づける研究もあります。

遺伝子工学は、現在最も発展の目覚ましい研究分野のひとつです。

今後の自閉症の遺伝子研究に注目すると同時に、
研究の成果を見守る我々は事態を単純化せずに考えたいものです。

スポンサーリンク