スポンサーリンク

自閉症スペクトラム 有名人

自閉症スペクトラムの人で、アスペルガー症候群と高機能自閉症の人は
他と比べて特に強いこだわりや嗜好を持っています。

こうした傾向性が、仕事や社会的な評価に結びつけば結果として
多くの人の知る業績となることがあります。
あるいは、彼らは論理的な思考力、記憶力にすぐれている人も多く
そのような非常に高い能力を活かして、社会的に活躍し有名な方も多くいます。

ご存知の方も多いでしょうが最近では、有名人が発達障害であるADHAや読字障害などをもっていることを公表することも増えてきています。

自閉症であることを表明し、その特異な体験世界や自らの生い立ちを著作にまとめ
有名になった人がいます。

ドナ・ウィリアムズです。

名前だけではピンと来ない方もいるでしょうが、
彼女の著作『自閉症だったわたしへ (新潮文庫)』は世界的なベストセラーになっていますので
作品を聞けば思い当たる方も多いでしょう。
現在でも、講演会やワークショップを開催し、啓蒙活動を盛んに行っています。

歌手のスーザン・ボイルは、アスペルガー症候群であることが自身によって公表され
2009年のデヴューアルバム『夢やぶれて』は世界で累計800万枚。

子供のころから彼女は、学習障害があり、学校ではいじめを受け孤独な生活を送っていました。

歌手として、世界的な成功をおさめたのちに、自ら医師の診断を受け発覚。
現在でも対人関係に困難を抱えています。

日本では、自閉症をもっている画家として、福島尚が最近では有名です。
写真と見間違うほどの、鮮明かつ精緻な筆致の絵で
彼の好きな電車の作品が多数発表され、注目を集めています。

鉄道好きをも唸らされるその正確かつ詳細な絵はしかも、
下書きなしで記憶をたよりに描かれます。

一部の自閉症の人にみられる写像記憶、つまり、
視覚イメージの記憶能力の異常な発達がみられます。

さらに、故人のため推測の域をでませんが、アインシュタイン、トーマス・エジソン
パブロ・ピカソなども、アスペルガー症候群だったのではないかと言われています。

スポンサーリンク