スポンサーリンク

成人 自閉症 チェック 方法

自閉症の人には、いくつかの行動特性があります。

簡単な質問に答えるだけでも、自閉症かどうかをチェックすることは可能です。

もちろん、このチェック方法が正式な診断となることはありません。

例えば
・一人でいることを好む

・他人と向かい合って長時間話すことが苦手である

・表情やしぐさから相手の気持ちを汲み取るのが苦手だ

・冗談や皮肉を言われても、意味が理解できない

・場の雰囲気というものがなんだかわからない

・団体行動が苦手である

・他人の感情的なふるまいに戸惑う事が多い

・人から触れられることが嫌いだ

こういった対人関係における傾向性を多く持つ人は、自閉傾向が強いといえるでしょう。

あるいは、

・同じ作業を繰り返すことが苦痛ではない。苦痛どころか好きだ。

・光や音、匂いなどの特定の感覚刺激に人より敏感である。

・映画や音楽に長時間没頭する事が多い。

・生活のなかで習慣にしている行為が多く、それができないと落ち着かなくなる。

・偏食傾向がある。

・部屋のインテリアなどいつもと同じ位置にないと落ち着かない。

こうした項目もより当てはまるものが多ければ、自閉傾向が強いといえます。

ほかにも、

・ドラマの台詞や小説、カレンダーの日付など必要ないものでも、正確に覚える事ができる。

・一度見た景色を写真をみるように記憶することができる。

こうした記憶力の良さも成人の自閉症の人に多い傾向です。

また、上記のような傾向に加えて注意力が散漫である。
忘れ物をしたり、遅刻しがちである。感情の抑制がきかなくなるときがある。
衝動的な行動が多いこうした傾向が当てはまる場合は
ADHDを疑ってみることも必要でしょう。

ADHDは最近になって、増加しているといわれています。

スポンサーリンク