スポンサーリンク

アルコール タバコ 自閉症 原因

昔から自閉症を患う人々は、様々な国で毎年一定頻度で報告されています。

自閉症を含むこれらの障害に関する研究は、患者数が多いので、各国が競っているわけではありませんが研究は盛んです。

日々研究と検証がされているにも関わらず、未だ原因すら判明せず、予防や完全な克服などは未だ目処すらたっていません。

こうした、病気や疾患は特定の原因を探る以前に、考えて欲しいことがあります。

平たく言えば時代の変化。

科学、医療技術の進歩や環境の変化に応じて、発症率が変化しているかもしれませんが
そのような変化以前に病気自体は存在するものです。

そして、自閉症なども医科学的な研究が盛んになる以前に確かに存在しているのであれば
その症状の原因は、人間が胎児期と乳幼児期といった時期を経て成長していくさなかで
ある一定の確率でやむを得ず生じてしまう、ある種の異常なのかもしれないということです。

例えば、遺伝子レベルでの機能障害などが考えられます。

現在では、医科科学的な膨大な研究が蓄積されていて、あらゆる異常が即座に分類が出来
早い時期から病の特性を確定することが可能になっています。

そして出産環境の進歩や充実によって、それまでは流産になったり
生まれてくることが叶わなかった事態も克服されて出生率は上がっています。

こうした時代背景のなかで統計上の結果として、
自閉症などの障害をもつ人たちの相対的な増加がみられる可能性も指摘されています。

タバコやアルコールは、人体にさまざまな影響を及ぼしますが
とくに妊娠時にいずれも摂取することが危険であるとされています。

体質は人それぞれですが、周産期に起こりやすい病気のリスクが高まることは確かなようです。

自閉症の第一の原因は、こうした周産期や乳幼児期の影響関係に大きく左右されます。

タバコやアルコールが直接の原因とはならなくても、誘因になる可能性は十分に考えれます。

スポンサーリンク